IT系の一部上場企業で管理職として働く筆者が、IT系ニュースをお届け
airpods-airpodspro

「AirPods」と「AirPods Pro」はどちらがオススメ?徹底比較!

完全ワイヤレスイヤホンの購入を検討している方の中で、「AirPods」及び「AirPods Pro」を検討に入れているという方は多いと思います。

そのどちらも購入して使用した筆者が、両者の違いを比較してみました。

結論

どちらにしようか悩むなら「AirPods Pro」がだんぜんオススメです!

大きな特徴である「耐汗耐水」「アクティブノイズキャンセリング」が価格以上の価値を与えてくれます。

ノイズキャンセリングを使えば、電車の中でも雑音を消してくれ、音楽に集中できます。

また、耐汗耐水機能があればランニング中やジムでも心配せずに使えます。

 

AirPodsとAirPods Proの主な仕様比較

AirPodsAirPods Pro
価格■with Charging Caseモデル
17,800円(税抜)
■with Wireless Charging Caseモデル(ワイヤレス充電対応)
22,800円(税抜)
27,800円(税抜)
カラーホワイトホワイト
イヤホンサイズ(左右各)高さ:40.5mm
幅:16.5mm
厚さ:18.0mm
高さ:30.9mm
幅:21.8mm
厚さ:24.0mm
イヤホンの重量(左右各)4g5.4g
イヤホンタイプインナーイヤー型カナル型(3タイプのシリコンイヤーチップ)
チップH1チップH1チップ
充電ケースサイズ高さ:53.5mm
幅:44.3mm
厚さ:21.3mm
高さ:45.2mm
幅:60.6mm
厚さ:21.7 mm
充電ケースの重量Charging Case:38g
Wireless Charging Case:40g
45.6g
アクティブノイズキャンセリング対応×
耐汗耐水×○※IPX4
Siriアクセス「Hey Siri」or ダブルタップ「Hey Siri」or ダブルタップ
イヤホンバッテリー最大5時間最大4.5時間
イヤホンと充電ケース併用24時間以上の再生24時間以上の再生
急速充電15分で最大1時間5分で最大1時間

Airpodsのメリットとデメリット

airpods

メリット

  • とにかく軽い

つけてるこをと感じさせません。また、インナーイヤー型なのでつけていても耳が痛くなることが少なく、長時間使用しても問題ありません。全然落下することもありませんでした。

  • 移動がとにかく楽

コードがないので、移動時や家の中でのつけたままの移動も本当に楽です。

  • 混線・遅延を感じない

何年か使用していましたが、混線や遅延を感じたことはありません。

  • iPhoneやMacなどとのペアリングがとにかく楽

AirpodsProにも言えることですが、ペアリングがとても簡単。そして一度繋げば、以降は耳につけるだけで勝手に接続してくれます。

  • ファッション性が高い

有名ブランドのケースカバーなど多種多様な製品があり、ファッション性も高いです。

  • AirPods Proと比べて安い

一番安いモデルを購入すればAirPods Proとの価格差は1万円。この差は大きいと思います。

デメリット

  • サイズが選べない

インナーイヤー型のため、ワンサイズでサイズが選べません。なので耳が小さい人が使おうとすると違和感を感じたりするようです。

  • 遮音性はほぼない

AirPods Proと比較すると、遮音性はないに等しいです。外部の音がほぼはいってくるので、電車の中や飛行機の中では必然的に音量を上げる必要があります。

  • 運動しながらは不安

ランニング中に使用すると人によっては落ちることがあるようです。私は経験したことはないですが…

ただ、耐汗耐水機能はないので、汗を書きやすい人は少し不安だと思います。

AirPods Proのメリットとデメリット

airpodspro

メリット

  • 耳のサイズにあわせて選べる

シリコンイヤーチップが3種類同梱されているため、耳のサイズに応じて選べます。これによって密閉度も高まります。

  • アクティブノイズキャンセリングが最高

これははっきりいって革命的に素晴らしいです!オンにすると電車内でも飛行機の中でも、無音空間になります。しかも左のイヤホンを2本指で「つまむ」だけでオンオフが切り替えられてとても便利です。オフにしたときは「外部音取り込みモード」となり、外部音が聞こえます。街を歩いてるときは「アクティブノイズキャンセリングモード」だと自動車の音などに全く気づかないので、「外部音取り込みモード」に切り替えておくといいと思います。

  • 耐汗耐水なので安心

ランニングをするときなどに安心です。また、カナル型でサイズがフィットしているので落ちる心配もほとんどありません。

  • 混線・遅延を感じない

AirPodsと同じです。個人的には感じたことがないです。

  • iPhoneやMacなどとのペアリングがとにかく楽

デメリット

  • 値段が高い

完全ワイヤレスイヤホンで、ノイズキャンセリング機能がついていて27,800円。私個人的にはこの値段をだしてでも買いたいと思いますが、値段は高いので、少しでも安いのを求めている人は、AirPodsをオススメします。

airpods-airpodspro
最新情報をチェックしよう!