IT系の一部上場企業で管理職として働く筆者が、IT系ニュースをお届け
sharecycle

都内の移動にはシェアサイクリングがオススメ!ドコモ・バイクシェアを使ってみてわかったこと

東京都内での移動の中心は電車だと思います。ただ、昨今の事情もあり電車移動に不安を覚えている方も多いはず。

そんなとき、新しい生活様式に向けてもバイクシェアサービス(シェアサイクリングサービス)はいかがでしょうか?

都内での近い距離の移動はもちろんのこと、ちょっとした運動不足解消にもなります。

私も都内に住んでいるので、この機会にドコモ・バイクシェアのサービスを利用してみました。思っていた以上に便利でオススメです

ドコモ・バイクシェアとは?

携帯電話会社として有名なNTTドコモが提供している、バイクシェアサービス(シェアサイクリングサービス)のことです。

また、バイクシェアサービス(シェアサイクリングサービス)とは、自転車に乗りたい時に乗りたい場所で借り、返却したい所で自転車を返すことができるサービスのことです。

レンタルとの違いは、借りた場所で返す必要がないという点になります。

ドコモ・バイクシェアは都内の11区のほか、川崎、横浜、仙台、奈良、大阪、大分、広島など広い地域でサービスを提供しています。

ドコモ・バイクシェア専用のアプリも提供されておりますので、アプリをインストールして会員登録すれば誰でも簡単に使えます。

もちろん、ドコモユーザーじゃなくても利用可能ですので安心してください。

東京都内近郊で使える場所

エリア①渋谷区、中央区、新宿区、港区、千代田区、大田区、目黒区、江東区、文京区、品川区
エリア②練馬区、川崎市、横浜市

エリア①内の区であれば、区をまたいでの利用が可能です。

例えば、新宿区のサイクルポートで借りて、江東区のサイクルポートで返却するなど。

利用料金

利用料金は利用したい地域やエリアによって異なるようです。

ここではエリア①の場合の料金について記載します。

1日会員(オススメ)月額利用料会員
利用可能時間24時間24時間
月額基本料0円2,000円
使用料最初の30分150円/回0円/回
30分超過時30分毎に100円 30分毎に100円

アプリのダウンロード方法

以下からアプリダウンロードが可能です。もちろん、iOS/AndroidOSの両方に対応しています。

会員登録方法

事前に準備するもの

アプリをインストールしたスマホとクレジットカード

登録手順

  1. アプリを起動し、【借りる】をタップ
  2. 借りたいエリアを選択
  3. 会員情報を登録
  4. 会員プラン(1日会員か月額会員)を選択
  5. 会員証を登録
  6. 支払い方法の選択
  7. (レンタルするときに)自転車の操作パネルでSUICA等の交通系ICカード(会員証)を登録※次回からタッチで利用可能になります。

借り方・返却方法

とても簡単です!

借り方

  1. アプリ上で借りたい場所のサイクルポートを選び、予約
  2. 予約したサイクルポートに行く
  3. STARTボタンを押す
    ICカードの場合:押した後にタッチすると会場
    パスコードの場合:予約の際に4桁のパスコードが発行されるので、それを入力
  4. 解錠

返却

  1. 手動で自転車の後部の鍵をかける
  2. ENTERボタンを押す
  3. 終了

まとめ

スマホとクレジットカードさえあれば、誰でも簡単にすぐ利用することができるドコモ・バイクシェアサービス。

都内に住んでいる私自身が利用してみた結果、ちょっとした移動でも徒歩よりも時間短縮になるので、とても便利なサービスだと感じました。

30分あれば、都内なら結構な距離を移動できるので、1回あたり150円で使えるのもリーズナブルですよね。

都内に住んでいる人は買い物など移動の際に、東京に旅行で来たという人は移動手段の一つとして、バイクシェアサービス(シェアサイクリングサービス)を是非利用してみてください。

電車移動メインから徒歩やバイクシェアサービス(シェアサイクリングサービス)を使った新しい生活様式に向けて。

sharecycle
最新情報をチェックしよう!